アーカイブ | 11月, 2015

(文書公開)大使館宛抗議文ネット共同編集プロジェクト完了!やり方徹底解説

27 11月

※このエントリーは、マニュアルのバージョンアップ等に応じて加筆修正されます。

国民の憤慨結束させて国益に。_2675110401

大使館宛抗議文ネット共同編集プロジェクト完了!やり方徹底解説

(閲覧・ダウンロード用)
[最新版]26751127第1版
・Googleドキュメント版:https://goo.gl/zK5kOF
・PDF版(1.13MB)Dropbox:https://goo.gl/WazmzP
・PDF版(1.13MB)Google Drive:https://goo.gl/3ErynU

(共同編集作業用Googleドキュメント)
https://goo.gl/G4Fw7k

本マニュアルは、
平成27年11月14日から19日にかけて行われた、
駐日フィンランド大使館宛抗議文の
ネット共同編集プロジェクト
の記録であると同時に、
得られた知見を別の活動に活用して頂くための文書です。

プロジェクトや本マニュアルに関するご意見、ご質問、ご提案等は、
日本国益放送お問い合わせフォーム
https://ws.formzu.net/fgen/S84287401/
または、日本国益放送代表のFBアカウント
https://www.facebook.com/qingliuhongtai
までお知らせください。
バージョンアップの際に、参考にさせて頂きます。

広告

【緊急】靖国神社で爆発!公衆トイレに警戒してください!

23 11月

本日午前、靖国神社南側トイレで爆発。
すぐに消化されたものの、内壁が焦げました。

元警察官の坂東忠信氏によると、
今上陛下ご即位の際にも
8〜10箇所くらいで爆弾が破裂、
みな公衆便所だったとのこと。

●事件について、産経新聞ニュース
http://goo.gl/x2OyU4

●坂東忠信氏の注意喚起(Faceboook)
https://goo.gl/wSTzs4
神社や皇室関連施設などで不審物を見かけたら、
1 決して触らず、動かしたりせず
2 直ちに離れて
3 110番してください。
他の箇所にも設置されている可能性があります。

●坂東忠信氏の注意喚起追記
みなさん、拡散ご協力ありがとうございます。
外国人、特にいま注目のイスイス団では、この「勤労感謝の日」の本来の意味を知らないし、神社敷地内にはあまり入らないでしょう。

それを知っていてやる特定団体の場合、今上陛下の即位の礼の際のように(全く報道されていませんが)複数箇所で爆弾を仕掛け破裂させる恐れがあります。

あの時にも(もう26年前、私は機動隊の計画立案の部署にいましたので情報が入ってくるのです)、確か8〜10箇所くらいで爆弾が破裂しましたが、みな公衆便所でした。

組織上部から仕掛けるよう言われながらも警備が厳しくて、直近の便所においてくるしかなかったのだと思います。

壁が焦げている程度であっても破裂時に小便してたら死傷します。
特に護国神社、皇室関連施設の近くにある公衆便所にご注意ください。

「成果としては、マスコミがマイナンバーを叩かなくなったことくらいか」←【運営により削除】@ニコニコ動画コメント

21 11月

deletedcomment_nico26751121_zoomed

平成27年年11月21日 20時09分にニコニコ動画へ投稿した動画の
1件目に付いたコメントが、運営により削除されました!
内容は僕の記憶を頼るしかありませんが、
「成果としては、マスコミがマイナンバーを叩かなくなったことくらいか」
とほぼ同文のコメントであったと思います。

ニコニコ動画のコメントを分析するサイトです。
(現在のコメント分析)http://nicoco.net/sm27637007
(同日21:56時点でのコメント分析、魚拓)http://megalodon.jp/2015-1121-2156-09/nicoco.net/sm27637007

20:09、動画投稿。
20:30、1件目のコメントが付く。
20:58、ニコニ広告。
チケットを使って10000ポイントを使いましたので、
それなりにインパクトをかけた動画です。

削除を確認したのは、21:40。
そろそろコメント付いたかなーと思って、
動画を確認したら、
1件目のコメントがない?!
ん?!

解析してみたら
【運営により削除】

(・Д・)

特に削除される理由の見つからないコメントです。
その後動画に
「※某有名極左団体の名前は運営のNGワードです」
というコメントを頂きましたが、
削除されたコメントには特定の団体名は入っていませんでした。
ですので、「誰にとっての成果なのかな?安倍政権にとって?」と気になっていたのです。

特定の誰かにとって不都合とも思えない、
NGになる理由が皆目見当がつかない分、
なんだか不気味なコメント削除です。

何か理由をご存知の方、
教えて頂けますでしょうか。

H27.11.23追記:
ブロマガ版(http://goo.gl/0Zcv8d )に、コメント投稿主ご本人からのコメントを頂きました。
—引用ここから—
IDバレしたくないからコメントを控えてたんだけどそれ俺だわ(やっつけMMDしか投稿してないので)
マスコミをマスゴミと書いただけで大体同じコメントだったですよ
しばき隊とかSEALDsとかは書いてないですね
ただしこの騒動で得をしたのは安倍政権しかないと思ったのでそんなコメントになりました
しかし運営がNGワードだから消したのではなく操作ミスで消したのではないかと私は思ってます
だってタダの勘繰りでしかないのですから
—引用ここまで—

操作ミスとか何かの誤作動以外の理由で削除だったら、
やっぱり不気味ですよねぇ。
特定の意図があるのに誤操作とか誤作動とかウソついて逃亡した印象的な精神科医がおりますので、
こういうことがあるとどうしても、過敏になっちゃいますよ。

【動画】フィンランド大使館宛抗議文朗読@ぱよぱよちーんエフセキュア を投稿しました。

21 11月


【ニコニコ動画】フィンランド大使館宛抗議文朗読@ぱよぱよちーんエフセキュア

駐日フィンランド大使館宛てにお送りした、
ぱよぱよちーん!エフセキュア問題についての抗議状です。

平成27年11月13日のトンデモ公式発表に日本国民憤慨!
翌14日から19日にかけて
執筆、編集、校正全てをインターネットでリアルタイムに公開し、
有志の熱意と善意に支えられながら完成に至りました。
そして、13名の勇気あるご賛同者との連名で、
大使館宛てに送付しました。

動画で朗読している抗議文の詳細につきましては、
下記記事をご覧ください。

大使館宛抗議文送信完了のご報告
ブロマガ版:http://goo.gl/CHHB4e
公式版:http://wp.me/p2Q24V-5A
メール説明:https://goo.gl/nLQESM

【文責・代表提出者】
エフセキュア社の反社会行動に抗議する日本国民の集い 発起人
日本国益放送 代表 青柳 宏太

【賛同者】(順不同、敬称略)
1.林末男
2.小関浩二
3.一木晴江
4.木村健吾
5.木村洋介
6.岡野英克
7.東川 允
8.古家和明
9.前田 弘司
10.彦坂 均
11.変なおじさん
12.坂東忠信
13.高柳直矢

受付時間にわずかに届かず、
ご賛同者一覧に加えることのできなかった、
渡辺純央様から頂いたご賛同メッセージは、下記の通りです。

 表現の自由を守る立場から特定のマンガを擁護したら、個人情報をネットに流出されるというテロ攻撃を受けました。犯人の行動は程度の差こそあれ、シャルリ・エプドを襲撃したテロ犯と何ら、かわりはありません。
 エフセキュア社はこの人物が吸うような地位を占めていたばかりではなく、事件発覚翌日には「自社システムを使用した形跡はない」などと、極めて不誠実な対応をしました。そんなに簡単に調べがつくはずがないからです。
 当該社員(犯人)は、退職後も「会社にはまだ同志がたくさん残っている」等々、ネットで脅迫的言辞を垂れ流しておりますが、その可能性は多大にある、と考えられます。
 そもそもこの会社は韓国のフロント企業である可能性が高く、当該社員のモラルの低さから考えると、ガバナンスに問題を感ぜざるを得ません。

(私事)安全、快適に闘病生活が送れることの幸せ

21 11月

僕の個人的な近況やら心情やらをつらつらと書き連ねた文章に
どこまでの価値が見出せるのか、
僕自身もよく分かっておりません。
もしそれでもよろしければ、
続きをお読みくださいませ。

大学、大学院入学、大学院2年休学を経て修士号を取り、
幸い複数のお仕事を頂きながら、
未熟ながらも社会人の端くれとして
自分なりに社会のお役に立てるよう尽力して参りました。

今年に入って事故や病気が相次ぎ、
9月に急性白血病と診断。
これまでお世話になっていた方々との
お仕事や活動が出来なくなってしまい、
未だに迷惑をかけ続けております。
本当に、申し訳ございません。

病気が病気ですので、
それなりに苦しいこともございますし、
生きるために気を回さなければいけないこともございます。
それでも、高度な医療を受けられる病院に入院ができて、
お医者様や看護師様を始め医療スタッフの方々に
些細なことでも相談ができ、
懇切丁寧にご対応を頂いております。
とても幸せなことであると、毎日実感を致しております。

また、医療費の明細を見てみますと、
日本国が僕の病気のためにたくさんのお金を
負担してくださっていることが、
非常によく分かるのです。
社会の方々が一生懸命働いて納めてくださった税金が、
僕の命を救ってくださっている。
このご恩をどうやって返すべきかと
思案する毎日でございます。

この闘病生活を終えた後、
自分の命を如何に燃やすべきか。
最近は、そういったことを考えます。

短期間に連続で事故や病気を経験してみて、
つくづく思いました。
人って、いつ死ぬか分かりません。

感染症リスクに弱い闘病中の僕が
いつ死んでもおかしくないことは当然ですが、
そうではない、健康で安全な生活をしていても、
ある日突然死んじゃってもおかしくないのです。

自分が人生を終える時に、
「人様の役に立つために、自分なりに精一杯がんばれたかな」
って思って死にたいものだとは、
病気をする前から思っていたことではありましたが、
どこか本気ではありませんでした。

疲れたら休みたくなりますし、
やりたいゲームを見つけたら遊びたくなります。
ストレスを貯めないために今は力を蓄えて、
後でがんばろうなんて思って、
結局やろうと思っていた努力を放棄したことが
幾度あったことでしょうか。

お仕事や活動についてのお誘いを頂いたとき、
頂いた方のご厚意や今後の人間づきあいを考えるあまり、
安請け合いをしてご迷惑をおかけしたことが
幾度あったことでしょうか。

自分が死ぬ瞬間に、
手を抜いた生き方をしていたり、
不本意な気遣いに我慢していたりしたら、
自分の人生に満足をしながら死ねるでしょうか。

そんなことを考えておりますと、
自分の死に方に正直になるというのは、
自分の人生にとって最も大事なことなのではないかなと、
感ずる次第です。

この生き方をする人は、他人から見ると、
必ずしも付き合いやすい人間には映らないのかもしれません。
わがままな、身勝手な人間に映るのかもしれません。
それぞれ事情を抱えながらうまく世の中を渡って
生きていかなければならない以上、
イェスマンを求めたくなるのは人情ですからね。

しかし、僕の命は僕のもの。
天から頂いた僕の大切な命をどう燃やすか、
それを決定するすべての責任は、
自分自身にあります。
だからこそ、たとえ他人にとっては多少ご迷惑になったとしても、
自分の死に正直な生き方になるよう
全力になるべきなのかなと思案をしております。

この度の白血病発症に伴う入院生活、
驚くべきことではございますが、
滅多に体験できることでもございません。
そんな中で僕なりに今感じていることを、
つらつらと書かせていただきました。

もしかしたらご心配頂いているかもしれないことについて、
最後に書かせていただきます。

僕がFB、ブログその他でいろいろと書いているということについて、
健康をご心配頂いているかもしれません。
それについては、大丈夫です。
むしろ、健康を取り戻すためにこそ、書かせてください。

これまで、時間上、立場上、健康上、
様々な理由によって向き合えなかった、
興味のあることについて向き合っております。
向き合えなかったこと自体がストレスであったことに、
向き合う機会を頂いているのです。

僕がノートPCを操作出来るときの体調は万全です。
むしろ、ノートPCを健康に操作するためにこそ、
体調管理に細心の注意を払っております。

感染症リスク対策のために、
病室に出入りするすべての人がうがい手洗いマスク消毒、
床に物が触れたらすぐに消毒、
外出厳禁、持ち込むもの、口に入れるもの全て厳重管理です。

治療計画によって体調が著しく変化しますが、
どんなに些細なことでも丹念に相談しながら
健康を維持しております。

外に出られず、気軽に会いに来ていただくこともできず、
そんな中でインターネットを通じた外との交流というのは、
健康維持のためにも不可欠なのです。

インターネット上の書き込み、活動等が原因で
健康を損ねるなどということは、
これまでも、今後も、一切ございません。

鬱陶しいかもしれませんが、
「あー、またくだらないこと書いてやがる。しょうがねぇ奴だ」
くらいの温かい気持ちで見守って頂けますと幸いです。

非常に長くなってしまいましたが、
これで終わります。
最後までお読みいただきまして、
本当にありがとうございました。

紀元二千六百七十五年十一月二十一日
日本国益放送代表 Blue Goat

FBプロフ画像仏国旗運動への批判記事に対する反論

21 11月

Facebookタイムラインにて、下記の記事、
Facebookのプロフィール写真をペイントしている偽善者たちに捧げる4つの視点
http://blogos.com/article/145160/
(本記事執筆時点での魚拓)
http://megalodon.jp/2015-1121-0440-09/blogos.com/article/145160/

を拝読しまして、それに対する反対意見をFBでシェアしました。
思いのほか長くなりましたので、
筆者の方のブログページ
http://blog.livedoor.jp/hasegawa_yutaka/archives/46030570.html

にもお邪魔しまして、コメントとして投稿。
本記事として再構成しました。

以下に、コメントとして投稿した反対論を示します。
なお、本記事投稿時点でコメントが承認されておりませんので、
投稿先にコメントが今後表示されるかは不明です。

–(1コメント目ここから)–

FBタイムラインよりBLOGOSを通じてこの記事を知りました。
筆者の方がどちら様なのかは、全く存じ上げません。

4つの視点に真っ向反対です。
これを読んで(何となくでも)共感する人が出てきてしまうのは、
僕のような意志を持ってやっている人にとって非常に迷惑ですので、
火の粉を振り払うためにも、
ここに反論を書かせていただきます。
どうか削除せずに、コメント欄をお読みいただく方の目に触れるよう
他のコメントと同じように扱っていただけますと幸いです。
何卒宜しくお願い致します。
なお、本コメントは800字以上ですので、
複数県に渡って投稿します。ご了承ください。

>【【視点1】「なんで今回の犠牲者にだけ祈りをささげるの?」という意見
なんで今回の犠牲者に”だけ”祈りを捧げているという前提なのでしょう。
他に祈りを捧げていない、ということを、全員分調査して証拠を挙げたのでしょうか。
SNS自体が近年勃興したもの。
その中で、新しい祈りの形が開発されるのは当然です。
何にだって、初めてが存在するのですから。
一方で、イラク・シリアの惨状が今回のような祈りにつながらなかった、
これまで目を向けて来なかったという面には同感です。
だからこそ、これをきっかけに、より目を向けてゆくべきだと思います。

続きます。

–(1コメント目ここまで)–

–(2コメント目ここから)–

(Blue Goat 前コメントからの続き)

>【視点2】笑う写真をコラージュするのは不謹慎!という意見
祈りを捧げられる立場の犠牲者やその関係者にとって不快に思う可能性のある写真であることは確かです。
ただ、「普段使っている写真をペイントすること」に意味があるという意図なのだとしたら、理解できます。
これは配慮の問題であって、それを持って悪意だ!偽善だ!と断定するのは早計です。
加えて、少なくとも僕の場合は、最初に考案した人がどんな写真を公開したのかなどしばらく知りませんでしたし、興味もありませんでした。
テロの犠牲者とその関係者に対する祈りの形、というただそれだけに注目すれば、
最初にペイントされた写真の写真写りなど、どーでも良い話です。

>【視点3】アメリカやフランス側「だけ」の立場に与(くみ)している、という意見
加害者が存在する被害者に対して祈ろうとしている全ての人に、加害者に配慮して祈るなと言いたいのでしょうか。
そうなると、世界中に存在する、もしくはこれから生まれてしまう大勢の被害者に祈れなくなります。
犠牲者に対して祈っているとき、その犠牲に対する想いのみが大切なのであって、加害者を含む他の存在など関係がありません。
変な例えですが、佐々木小次郎に祈りを捧げたところで、宮本武蔵に文句を言われる筋合いはないのです。
加えて、前述の通りイラク、シリアの惨状がこれまでパリのように注目されなかったという現実が存在するのですから、何もしなければ良くも悪くもなりません。
このアクションをきっかけに、前向きに役立てて行く方が現実的かと思います。
一方で、アメリカやフランス側に敵意を持つ方々や中東とその関係者が、自分たちをないがしろにしていると受け取る要素もあります。
であればこそ尚更、どちらの側にも思いを致す行動をし、周囲にも促してゆく必要があるのです。

続く。

–(2コメント目ここまで)–

–(3コメント目ここから)–

(Blue Goat 前コメントからの続き)

>【視点4】オナラ程の役にも立たない
役に立たない、という主張をしているのに、示しているのは、アイスバケツでの難病支援、プロフィール画像七色、東日本大震災への支援呼びかけなど、役に立った事例ばかり。
役に立たないことを示す論理なり事例なりを示してもらわなければ、この主張に意味はありません。

>1、「困ってる人に同情してる」そんな優しい自分、大好き人間。それをFacebookでみんなに見てもらって「いいね」ボタンを押してほしいだけのバカ
>2、周りの人がいいって言ってることは何となく何も考えずに乗っかるバカ
あなたはエスパーですか。そうだとしても、色を染める全ての人がそう思っていることを示す決定的な論理や証拠を示していただかなければ、同意のしようがありません。

3コメントに渡るコメント欄汚し、失礼致しました。
以上で終わります。
最後までお読み頂いた方々、
反対論なのにコメントを承認してくださった
心の広い筆者の方、
誠にありがとうございました。

Blue Goat 拝

–(3コメント目ここまで)–

大使館宛抗議文プロジェクトを終えてみて思うこと

19 11月

「ネット保守団結作業促進運動」
みたいなことがうまくできないものかと、
思案をしております。

ぱよぱよエフセキュアの11月13日発表に憤慨したため、
14日から19日にかけて、
フィンランド大使館宛の抗議状を
インターネットでリアルタイムに公開しながら
執筆、編集、校正を行ってPDFファイル化し、
19日午後3時にメールを送信。
電話で到着を確認しました。
https://goo.gl/IumdPL

発信力のないアカウントで、
Google+、Facebook、Twitterで呼びかけながら、
編集のご協力、ご賛同の募集を行いました。
公式、非公式様々な形でご意見を頂戴することが出来た上、
13名の方々がご賛同者として
名を連ねてくださいました。

9時をもって編集を終了し、
正午まで賛同中止を受け付けましたが、
キャンセルは出ませんでした。

最もぶったまげたのは、
坂東忠信先生にご賛同を頂けたことでした(・o・)

大使館がどうしてくれるかは分かりませんが、
いろいろ勉強になったことがあります。

これを、今後別の形でもお役立ていただくよう、
マニュアルとしてまとめるとともに、
マネを促進したい!

ストーリーがわかる形で、
かつノウハウとしてお役立て頂いて、
かつマネしたくなるようなコンテンツを作るには、
どうしたら良いか思案をしております。

こちら陣営には豪傑が大勢いらっしゃるものの、
1つの建設的な方向に力を結集するということがなかなかできない!
という問題意識は、皆様お持ちだと思うのです。
これを打開する糸口の1つになりはしないものかと、
手前味噌ながら考えております。

とりとめのない話を、失礼致しました。
上記のことは、ある方にご相談を持ち掛ける際に書いたことを、
記事っぽく再構成したものです。

私自身も自力で考えてみますが、
この記事をご覧の方で、
ご意見、ご提案、ご質問等お寄せいただける方がいらっしゃいましたら、
コメント欄やメールフォームより、
何卒宜しくお願い致します。

日本国益放送代表 Blue goat