白血病患者が「原発事故の作業員が白血病 初の労災認定」のニュースについて語ってみる

21 10月

原発関係者でも線量が高い地域に近づいたわけでもないのに、
白血病になっちゃったBlue Goatがこのことについて語ってみますよ。

原発事故の作業員が白血病 初の労災認定
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20151020/k10010276091000.html
#2675.11.01追記:上記ページが削除されたため、
#Cacheから取得した記録を記します。
#Google Cache
##http://goo.gl/2QyOvZ
#Dropbox(上記Cacheのスクリーンショットと印刷結果PDF出力)
##https://goo.gl/SLW6EP

白血病になりながらも生かして頂いた者として、
この件に触れないわけにはいかないかなぁと
勝手ながら思った次第でございます。

まず、被ばく量19.8mSvという値を見た第一印象は、
「低いなオイ!!」でした。

ICRPの見解によると、
100mSv未満の被ばくでは、
健康に対する影響は、確認できません。
好影響であれ、悪影響であれ。
http://goo.gl/OV7SfI

それでも放射線を扱う場合は、
放射線防護の観点からは被ばくをなるべく少なくするために、
LNT(Linear no-threshold hypothesis、直線閾値なし)モデルを採用し、
100mSv未満でもなるべく被ばくを少なくするよう
指導されています。

僕は今年に入ってから、
やたらと怪我や病気が続きまして、
レントゲンやCT、MRIといった
特殊な検査を受ける機会が多かったのです。
覚えている限り、下記の回数です。
1月:胸部レントゲン1回
2月:胸部レントゲン1回、胸部CT1回、頭部レントゲン3回、頭部CT2回、頭部MRI1回
3月:骨盤部レントゲン2回、骨盤部CT1回
4月:頭部~鼠径部レントゲン1回、頭部~鼠径部CT1回
9月:胸部レントゲン2回、胸部CT1回、頭部レントゲン1回、全身レントゲン1回、全身CT1回

なお、上記のうち9月の検査はすべて、
白血病が原因と思われる痛みが出てからのものです。
そのため、下記のページを参考にして、
http://goo.gl/Hr5Z1g
1~4月の検査による僕の被ばく量を概算してみます。
MRIは磁気による検査のため被ばくなしとみなします。

胸部レントゲン:2回×0.04[mSv]=0.08[mSv]
胸部CT:1回×16[mSv]=16[mSv]
頭部レントゲン:3回×0.14[mSv]=0.42[mSv]
頭部CT:2回×4[mSv]=8[mSv]
骨盤部レントゲン:2回×2.6[mSv]=5.2[mSv]
骨盤部CT:1回×20[mSv]=20[mSv]
頭部~鼠径部レントゲン:1回×(0.04+0.14+2+2.6)[mSv]=4.78[mSv]
頭部~鼠径部CT:1回×(4+16+20)[mSv]=40[mSv]

☆*。☆゚*♪Blue Goatの1~4月の検査による被ばく線量合計:94.48[mSv] ☆*。☆゚*♪

つまり僕は、労災認定された原発作業員さんの
約5倍もの放射線被ばくをしているわけで。
しかもこの値は環境からの自然被ばく、
すなわち大気中、地表、宇宙、体内からの
放射線被ばくは計算に入れておりません。

厚労省の決定が正しいと仮定するならば、
僕も医療機関なり厚労省なりに補償を求める権利が
あるということなのでしょうか。

厚生労働省の主張であるところの、
「原発での作業が原因で発症の可能性否定できない」
は、間違いとは言えません。
同時に、正しいとも言い切れないのです。
しかも、たまたま事故や病気が続いて
検査を受ける機会が多ければ、
20mSvくらいあっという間に被ばくしてしまうのです。
そんな基準で労災認定を下ろしてしまうこと自体、
おかしいと僕は思う次第でございます。

白血病自体、何が原因で起きてしまうのか、
解明されていません。
騒がれているような放射性物質によるものなのかもしれませんし、
ストレスかもしれませんし、菌やウィルスかもしれませんし、
化学物質かもしれませんし、検査のためのレントゲンやCTかもしれません。
どれもありえます。
特に、3.11以降は放射能に関する
うそ、大げさ、紛らわしい流言飛語が飛び交い、
誤解に基づいたトンデモ対応が民主党政権下で連発され、
安倍政権になった今でも正常化されていない問題が山積しています。
放射線被ばくをしていようといまいと、
ストレスくらいたまりまくりますよ。

福島県で発生した癌が放射線ではなくストレスによるものだとしたら、
本当に悪いのは、
民主党政権やウソを垂れ流したメディア、
善人面をしながら放射能の危険性を必要以上に煽り立てる
反核団体とそれらに踊らされてウソ情報の拡散に協力した人々
ということになるんじゃないかなぁと
邪推したくなってしまいますね。

紀元二千六百七十五年十月二十一日
日本国益放送代表 Blue Goat

2675.10.22追記:
「Blue Goatの1~4月の検査による被ばく線量合計」が昨夜執筆時点で間違っておりましたので修正しました。

誤:54.08[mSv]
正:94.48[mSv]

誤:僕は、労災認定された原発作業員さんの約3倍もの放射線被ばく
正:僕は、労災認定された原発作業員さんの約5倍もの放射線被ばく

広告

コメント / トラックバック1件 to “白血病患者が「原発事故の作業員が白血病 初の労災認定」のニュースについて語ってみる”

  1. okonnba 2016年4月24日 @ 13:41 #

    政治 でリブログしてコメントを追加:
    いい記事です

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。